5年経過すると新築でも傷みが出てきます。戸建ての修繕費事情は?

スポンサーリンク

5年経過すると新築でも傷みが出てきます。戸建ての修繕費事情は?

こんにちは、はせべいです。

新築戸建住宅を取得し住宅ローンを返済して5年が経過しました。6年目を迎えているのでもはや新築とは言えませんね。

引っ越し当時に幼稚園児だった子どもたちも小学校高学年になりました。月日の経つのは本当に早いですね。

新築だった戸建ても5年が経過するといろいろと傷みが出てきます。

先日はリビングと階段をつなぐ引き戸が開かなくなってしましました。

今回はその時にかかった費用と、戸建ての修繕費について触れたいと思います。

スポンサーリンク

戸建ての修繕費について

今回の修理にかかった費用

修理をお願いする前にネットで同じタイプの引き戸の同症状を調べ、調節したり清掃したりしたものの直らず、むしろ症状はひどくなってしまったのでハウスメーカーのサポートに連絡しました。

症状を伝えると平日すぐに来てくれることになりました。妻は昼間働いているので、夕方の時間指定もできました。

原因調査と修理とで2時間以上かかりましたが、結局引き戸のレールの交換をしてもらい無事修理は完了です。

出張費の2,000円はサービスしてくれて、修理費は10,800円でした。

結構手痛い出費です。支払いはコンビニ払い請求書が送られてきましたので、nanacoチャージして支払っています。

戸建ての修繕費はどう準備する?

戸建ての場合、分譲マンションと違って修繕費は自分で積み立てる必要があります。
我が家では修繕費として毎月2万円ずつ積立をしています。

外構費用などで使ったので目減りしていますが、今後外壁塗装や屋根、水回りなどで修繕費がかかりますので、きちんと計画的に貯めていきます。

現時点での修繕費の積立額

修繕費積立は現在、636,581円貯まっています。

住宅ローン残高はいくらになった?3月の住宅ローン返済報告(2018年3月分)で記事にしたとおり、住宅ローン残高はたっぷり残っており、住宅ローン返済だけでも大変ですが、不測の事態で困らないように、毎月意識してお金を用意していきます。

にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄(40代)へ
↑家計管理の参考にしています!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブル広告
レスポンシブル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブル広告