9月権利の株主優待

03月権利

いつの間にかプラ転のベルーナ(9997)から株主優待で選んだ赤ワインが到着!

少し前ですが、2021年2月24日に婦人服主体のカタログ通販大手のベルーナ(9997)から株主優待で選んだ赤ワインが届きました。 ベルーナの株主優待は、年2回ワインがもらえる貴重なワイン銘柄として継続保有中でしたが、長らく塩漬けが続いていました。 300円台まで下落した株価は、2021年3月12日現在で年初来高値の1,266円まで上昇し、私の含み損もようやくなくなりました。 今回届いた赤ワインは妻分と合わせて2名義分ですが、種類が違いのも嬉しいですね。
03月権利

ヤマダホールディングス(9831)の株主優待券を使用して日用品を購入しました!

ヤマダホールディングス(9831)の株主優待券を利用して、ヤマダ電機で買い物してきました。 購入したものは家電ではなく、サーモスの水筒や洗剤、消臭力などの日用品です。 ヤマダ電機の株主優待券は、1,000円(税込)以上の現金による買物につき1枚利用可で、1枚につき500円割引になります。
09月権利

含み損45万円超の本多通信工業(6826)から株主優待案内の安曇野名産品のりんごジュース詰め合わせが到着!

2021年2月4日にコネクター中心で通信向けから現在は車載向けが柱の本多通信工業(6826)から安曇野名産のりんごジュース詰め合わせが2名義分届きました。 届いたリンゴジュースは安曇野ワイナリーのものですが、ツイッターを眺めていると他のりんごジュースが届いている方もいるようです。 本多通信工業はリーマンショック前から保有しているので、上場来安値81円の時も保有していました。 本多通信工業は、日産自動車やJTを抑えて堂々の含み損第1位銘柄です。
スポンサーリンク
09月権利

ミューチュアル(2773)の株主優待カタログで選択した「茅乃舎だし」が到着!

製薬・化粧品・食品業界向け包装関連機械の中堅であるミューチュアル(2773)の株主優待カタログで選んだ茅乃舎だしが届きました。 「茅乃舎」は「かやのや」と読みます。 2020年9月権利で取得した株主優待ですが、ミューチュアルの株主優待をもらうには1年以上継続保有が必要です。 2017年にミューチュアルの株主優待で初めて「茅乃舎だし」を知り、それ以来「茅乃舎だし」のファンなので、非常に嬉しいです。
03月権利

含み損3万弱のベルーナ(9997)から株主優待で選んだ赤ワインが到着!

2020年9月27日に婦人服主体のカタログ通販大手のベルーナ(9997)から株主優待で選んだ赤ワインが届きました。 ベルーナの株主優待は、年2回もワインがもらえる貴重なワイン銘柄として継続保有中です。 巣ごもり需要でワインや食品を軸に好調のようで、300円台まで下落した株価は一時1,000円超となりました。 2020年9月27日現在のベルーナの株価は、900円台で推移しています。
03月権利

株主優待は年2回 日本管財(9728)から株主優待カタログギフトで選んだオリーブオイルが到着!

ビルや住宅の清掃、警備を中心にした総合管理会社の日本管財(9728)から3月権利の株主優待カタログギフトで選んだエキストラバージンオリーブオイルが届きました。 日本管財はコロナショックで株価が下落していた3月に恐る恐る買ってみましたが、今のところ株価は買値を上回っています。 利益確定したいところですが、株主優待は年2回で配当利回りもまずまずなので、継続保有予定に切り替えています。
03月権利

含み損6万超のベルーナ(9997)から株主優待で選んだフランス金賞の赤ワインが到着!

2020年2月18日に婦人服主体のカタログ通販大手のベルーナ(9997)から株主優待で選んだ赤ワインが届きました。 ベルーナの株主優待は年2回もワインがもらえる貴重なワイン銘柄として継続保有中ですが、株価の下落とともに含み損は6万円超まで膨れ上がりました。 フランス金賞の1,000円相当の赤ワインですが、含み損6万円超の超高級ワインです。
09月権利

含み損40万円超の本多通信工業(6826)から株主優待案内の安曇野名産のりんごジュース詰め合わせが到着!

こんにちは、はせべいです。 2020年2月4日にコネクター中心で通信向けから現在は車載向けが柱の本多通信工業(6826)から株主優待で選んだ安曇野名産のりんごジュース詰め合わせが2名義分届きました。 このリンゴジュースは...
03月権利

ワインが年2回もらえるけど含み損5万超のベルーナ(9997)から株主優待が到着!

2019年12月6日に婦人服主体のカタログ通販大手のベルーナ(9997)から株主優待が届きました。 ベルーナは年2回ワインがもらえる貴重な株主優待銘柄ですが、含み損は5万円を超えてしまいました。 100株保有ですとフランス金賞赤ワイン1本か南紀の幻(梅干し)から1つ選択することができます。 我が家では梅干しをUSMHの株主優待から補充しているので、ベルーナの株主優待は毎回赤ワインを選択しています。 含み損が5万円を超えてしまっているので、1,000円相当とされる赤ワインはお値段以上の高級ワインとなっているのでよく味わって飲まなければですね。
03月権利

含み損5万超のベルーナ(9997)から株主優待で選んだ赤ワインが到着!

2019年9月14日に婦人服主体のカタログ通販大手のベルーナ(9997)から株主優待で選んだ赤ワインが届きました。 ベルーナの株主優待は年2回もワインがもらえる貴重な銘柄ですが、含み損は5万円超まで膨れてしまい、株主優待の赤ワインは超高級ワインとなっています。 ベルーナの赤ワインは、ヤマウラの株主優待でもらったチーズをおつまみに美味しくいただきました。
スポンサーリンク