確定申告の国税還付金が振り込まれました

スポンサーリンク

先月2月27日に行った確定申告の国税還付金が振り込まれていました。手続きからちょうど1ヶ月後の振り込みになります。臨時収入で嬉しいですが、残念ながら使うあてはすでにあります・・・。

スポンサーリンク

確定申告について

国税還付金で振り込まれた金額

  • 私の国税還付金・・・26,300円
  • 妻の国税還付金・・・16,340円

今回は自分自身の確定申告のほかに妻の確定申告を行いました。以前妻の協力で世帯年収を上げる書いたとおり、昨年パートから派遣社員になりました。派遣先の年末調整を行うことができなかったために初めて確定申告を行っています。

医療費控除が大きかったです

今回我が家では医療費が50万円以上かかりました。大きなウェイトを占めるのは双子の歯の矯正代です。一般的に美容が目的での歯列矯正は、医療費控除の対象になりませんが、今回の子供の歯列矯正は医療費控除の対象になります。

発育段階にある子供の成長を阻害しないようにするために行う不正咬合の歯列矯正のように、歯列矯正を受ける人の年齢や矯正の目的などからみて歯列矯正が必要と認められる場合の費用は、医療費控除の対象になります。しかし、同じ歯列矯正でも、容ぼうを美化するための費用は、医療費控除の対象になりません。

国税庁 医療費控除の対象となる歯の治療費の具体例より

双子育児はこういう費用も一度にかかったりするので大変です。

医療費のレシートはきちんと残しておきましょう

いつも確定申告をしても数千円しか戻ってきませんでしたが、初めて1万円を超える国税還付金がありました。節税のためには医療費のレシートをきちんと残しておくことは重要だとあらためて感じています。いま健康でもいつ病気になるかわかりませんからね。

国税還付金の使い道

家計の固定費見直しの王道、格安SIMへの変更を検討しています。戻った税金でSIMフリー端末の購入に充てたいと思います。

節税したお金を元手に更なる節約を目指します。

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブル広告
レスポンシブル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブル広告