老後の備えに月に2万円積立中。確定拠出年金の運用成績を公開

スポンサーリンク

老後の備えに月に2万円積立中。確定拠出年金の運用成績を公開

私が老後の備えとして準備しているのが、積立貯蓄従業員持株会、そして確定拠出年金です。確定拠出年金は、原則として60歳から老齢給付金を受け取ることができる制度です。税制上の優遇制度が用意されており、メリットがあります。

また公的年金と違って自分で運用方法を決める必要があります。老後資金を増やすも減らすも自分の運用結果次第です。

スポンサーリンク

確定拠出年金について

私は企業型に加入しています

確定拠出年金には企業型個人型があります。私の勤務先は確定拠出年金を採用しているので、企業型に加入しています。

マッチング拠出を利用し積立額は月2万円

積立額のうち、1万円は会社が掛け金を出してくれています。もう1万円はマッチング拠出という制度を利用し、会社が出す掛金に追加して拠出しています。マッチング拠出分は、給与天引きで積み立てています。

本当はもう少し増額したいところですが、マッチング拠出には加入者本人の掛け金が会社の掛け金を上回ることができないという縛りルールがあるためできません。

税制優遇のメリット

確定拠出年金の特徴として、支払った掛け金の全額が所得控除となり、結果的に所得税や住民税など支払う税金が減ります。

また、運用期間中の収益は非課税で、給付金を受け取るときも税制優遇措置があります。

確定拠出年金のデメリット

原則として60歳まで引き出せないので、無理のない金額で積み立てる必要があります。60歳まで資金拘束されてしまうのがデメリットです。

ただ老後資金としての強制力があるので、デメリットをメリットと捉えることもできます。

確定拠出年金の投資成績

現在は積立額2,203,799円に対して、口座残高は2,688,347円です。
含み益は484,548円となっています。

60歳まで引き出せないので一喜一憂する必要はありませんが、それでも運用成績がプラスなのは嬉しいです。

現在子供たちは小5です。これから子供の教育資金が大幅にかかる中学、高校、大学時代に突入していきますが、今後もマッチング拠出は継続し、老後資金を準備していきます。

妻のiDeCo口座開設が今年の目標

私は企業型確定拠出年金に加入していますが、派遣社員として働く妻は、個人型確定拠出年金iDeCo(イデコ)に加入することができます。

私だけでなく、妻もiDeCo(イデコ)に加入することで税制優遇の恩恵を受けることができます。

口座開設申込書は取得しているものの、なかなか書いてもらえません。妻に申込書を記入してもらうというのが今年の目標の一つです。

にほんブログ村 その他生活ブログ 資産運用へ
↑資産運用の参考にしています!

関連コンテンツ



スポンサーリンク
レスポンシブル広告
レスポンシブル広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

フォローする

スポンサーリンク
レスポンシブル広告