長期保有で株主優待利回りアップ!三光マーケティングフーズ(2762)の株主優待券を交換したお米3キロが到着!

長期保有で株主優待利回りアップ!三光マーケティングフーズ(2762)の株主優待券を交換したお米3キロが到着!

三光マーケティングフーズ(2762)の株主優待

こんにちは、はせべいです。

2019年10月26日に「金の蔵」など居酒屋チェーン展開している三光マーケティングフーズ(2762)から株主優待券を返送して交換したお米3キロが佐川急便で届きました。

カレーは贅沢品でお米は主食なので、今回も「東京チカラめし」謹製カレーではなく、お米と交換しています。

三光マーケティングフーズの株主優待をもらうには6ヶ月以上の保有縛りがあり、長期保有優遇があります。

株主優待券を返送することで、「東京チカラめし」謹製カレーお米と交換することができます。

私は100株保有ですが、保有期間3年以上のゴールドだったのでお米3キロと交換することができました。

残念なことに三光マーケティングフーズは無配株ですが、お米1キロを440円で換算すると3キロで1,320円になります。

100株保有でも長期保有すれば年間でお米6キロがもらえるので、無配ながらも株主優待利回りは6%超となります。

三光マーケティングフーズの含み損は5万円以上ありますが、長期保有があるので継続保有中です。

スポンサーリンク

三光マーケティングフーズ(2762)について

三光マーケティングフーズ(2762)の投資指標

「金の蔵」など居酒屋チェーン展開。焼き鳥業態を育成中。急拡大させた焼き牛丼事業は大量閉店。

買値:982円 株価:436円(2019年10月30日終値)
権利確定月:6月/12月
予想PER:-倍 予想PBR:1.5倍
予想1株配当:0円 予想配当利回り:0%
予想配当+優待利回り:6.06%(株主優待は1,320円×2回で換算)

三光マーケティングフーズ(2762)の株主優待

今回は返信用封筒あり!三光マーケティングフーズ(2762)から株主優待券が到着!

三光マーケティングフーズ(2762)の株主優待券

優待内容名株数備考
(1)自社指定商品(カレー)
(2)割引券(30%)
(1)2食分および(2)1枚100株以上※6カ月以上継続保有(6月・12月の株主名簿に連続2回以上記載)した株主のみに贈呈。1年6カ月以上3年未満継続保有の場合、100株以上200株未満は(1)2食分および(2)2枚、200株以上500株未満は(1)3食分および(2)3枚、500株以上は(1)4食分および(2)4枚、3年以上継続保有の場合、100株以上200株未満は(1)3食分および(2)3枚、200株以上500株未満は(1)4食分および(2)4枚、500株以上は(1)5食分および(2)5枚を贈呈
※(2)は他の割引券・金券・インターネットクーポン等との併用不可。自社店舗(一部除く)で利用可。割引上限金額は10,000円
(1)2食分および(2)2枚200株以上
(1)3食分および(2)3枚500株以上

<三光マーケティングフーズ(2762)のIR>
http://www.sankofoods.com/ir/stock/benefit/

繰上返済資金での三光マーケティングフーズ(2762)投資成績

買値:982円 株価:436円(2019年10月30日終値)
含み損益:-54,514円
確定損益 :+2,013円
配当金合計 :5,104円
株主優待合計:18,240円
総合計:-29,157円

三光マーケティングフーズの株価は、株主優待の改悪と無配転落で半値以下となってしまいますが、株主優待券を売却する手間がないだけお米3キロと交換できる現在の株主優待も悪くないと思い始めています。

含み損は5万円以上ありますが、過去の配当金と株主優待のおかげでトータルの損失は3万円以下になりました。

更なる株主優待改悪がなく長期保有でお米3キロと交換できるかぎりは、このまま継続保有予定です。

今回は返信用封筒あり!三光マーケティングフーズ(2762)から株主優待券が到着!
こんにちは、はせべいです。 2019年9月28日に「金の蔵」など居酒屋チェーン展開している三光マーケティングフーズ(2762)から株主優待券が届きました。 株主優待制度が改悪になってから今回で2度目の株主優待ですが、株主...
含み損は6万円弱!三光マーケティングフーズ(2762)の株主優待券を交換したお米3キロが到着!
こんにちは、はせべいです。 2019年4月18日に「金の蔵」など居酒屋チェーン展開している三光マーケティングフーズ(2762)から株主優待券を返送して交換したお米3キロが佐川急便で届きました。 株主優待券の返送で優待品に...

にほんブログ村 株ブログ 株主優待へ
↑株主優待銘柄選びの参考にしています。